運気にはバイオリズムがある!ネットや本の占いより占い師の鑑定の方が優れている理由

占いってなぜか当たるから不思議ですよね。
私も、今でも占いを信じきっているかというと何とも言えませんが、占い師の中に「当てる人がいる」ということは経験しています。
どうせ誰でも当てはまることを言っているんだろうとか、誘導されているんだろうと疑ってかかった占いでも、何も情報を言っていないのに当てる人っているんですよね。
一体、なぜ占いはあんなにも当たるのでしょうか?

科学で証明できないものは沢山ある

飛行機って、飛ぶ理由が解明されていないって知っていましたか?
実は、現代の科学でも飛行機が飛ぶ理由自体ははっきりわかっていないのです。
しかし「こうすれば飛ぶ」ということだけはわかっている。

こういうものは沢山あります。
医療の世界でも「理由はわからないけどなぜか効くから処方されている」という薬は山のようにあります。

占いも同じことだと思ってください。
そもそも、数千年の歴史の中で当たらない占いは誰からも必要とされないですから消えていき、当たる占いだけが残るわけです。
占いは統計学なので、長い年月の中蓄積されたデータから割り出しているので、理由はわからないけどやっぱり当たる確率は高いのです。
こういうことを受け入れる心のキャパが必要なのだと改めて実感します。

運気のバイオリズム

ネットや本の占いより、プロの占い師に鑑定してもらった方が当たります。
その理由は「2種類以上の占いを組み合わせて使えるから」。

これだけ聞くと「?」という感じですよね。
イメージで言うと、私達の運気というのは「季節」と「天気」と思ってください。

春夏秋冬という季節は、3ヵ月ごとの長期的な変動ですよね。
天気は、昨日・今日・明日の1日ごとの短期的な変動です。
例えば、4月に気温が15度だったら、1ヵ月後の5月には20度前後まで上がるのが予想できますよね。
8月に気温が27度だったら、その1ヶ月後には気温は20度前後まで下がるだろうと予想できます。
天気はこうやって季節と組み合わせることで判断が正確になっていきます。

占いも同じで、短期的なバイオリズムと、長期的なバイオリズムを組み合わせることで正確な鑑定ができるようになります。
どうしても本やネットの占いは「風水占いだけ」「タロット占いだけ」と1本だけの掲載になりますし、素人が組み合わせたりすることはできないので、プロの占い師に見てもらったほうが精度があがるのです。

信頼できる占い師に見てもらおう

政治家や凄腕の経営者には、一年の政治や経営方針を定める為に占いに行くという人も多いです。
使えるものは使う、という考えではある意味合理的なのかもしれませんね。
私も100%当たるとは信じていませんが、当たる人がいるというのは身をもって経験しています。
当たる占い師に出会うと、この世には目に見えないことが沢山あるんだな~と感動して結構楽しいので、ものは試しで一度ぜひ試してみてくださいね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【よく当たる】オススメ占いサイト

ULana(ウラナ)のバナー 誕生日恋愛心霊鑑定不倫星座姓名判断手相

ULana(ウラナ)は無料で診断できる占いサイトです。誕生日や簡単な質問に答えるだけであなたの悩みも一発解決!

梓弓のバナー 人間関係運命の人霊視仕事運2017年夢診断オーラ

今話題の当たる占いサイト「梓弓」であなたの悩みを相談してみてください。解決に導いてくれるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る