menu

日本では明治以前から年末年始に占いをして新しい年を迎えるという伝統があったのです

日本人は長い間、年末年始の伝統として占いをしていたという諸説があります。伝統としてどのような占いをして過ごしていたのでしょう。
現代の私たちとはどのように違うのでしょう。

現代の過ごしかた

大晦日には除夜の鐘を聞く。除夜の鐘を鳴らす。元旦から3が日には、神社仏閣に行き、拝んで帰るというのが多くの人が過ごすスタイルですが、これは、明治以後にできたといわれています。
昭和の前半は、今よりも大晦日、お正月に参拝旅行をすることが一般的でした。

年籠りとは

明治以前は、年籠り(としごもり)がおこなわれていました。年籠りというのは、日本中でおこなわれていた伝統的な年越し、初詣のことで、その期間は、少なくとも1,000年以上だといわれています。
今のような年末年始に神社仏閣に行き、拝んで帰るというスタイルではなく、年末からお正月の期間は、神社仏閣にこもり新しい年を占っていました。これは、1年間の悩みを解決し、新年の1年を見通すための習慣といわれています。

現在でいう年籠りとは

明治以前は、年末年始のような特別な期間は、深く祈り、一緒に占いがおこなわれていましたが、現在もその名残があります。
新しい1年を予測する粥占(かゆうら)・鹿占(しかうら)とよばれるものがおこなわれています。

粥占とは

粥を用いて1年の吉凶を占う年占いのことです。全国各地の神社でおこなわれています。
長野県の諏訪大社でおこなわれている粥占いは、粥に生えたカビの色や生え方でその年の農作物のできを占う伝統行事として有名です。

鹿占とは

鹿の肩の骨を焼いて、その割れ目の形で吉凶をみます。
とても珍しい儀式で、全国でおこなわれているのが、貫前神社と東京の武蔵御嶽神社のみです。

年末年始に1年の悩みを洗い流す

日本人は、古くから占いによって1年の悩みを洗い流し、新しい年を迎えていました。現在を生きる私たちも年末年始は、きちんと占いを受けて新しい年を迎えるのもよいかもしれません。

コツコツと努力して成功するタイプが多い7月生まれ!気になる2017年の総合運勢

8月生まれは太陽のように明るく目立ちたがり屋!2017年の運勢はどうなっている?

関連記事

  1. これだけはしておきたい!いつもの暮らしの中で自然に出来る開運UP…

    開運UPは、わざわざ本格的に取り組まなくても、自然の暮らしの中でも行うことができるのです。したが…

  2. 今話題のルーン占いがズバリ解き明かすあなたの恋愛運などこれからど…

    今話題のルーン占いがズバリ解き明かすあなたの恋愛運などこれからどうなる近未来をズバリ当てよう…

  3. 江原啓之さんの2017年の予言を知って生活の中に役立てていくこと…

    今では「スピリチュアル」という言葉も一般的なものとなりました。そんな言葉を浸透させた第一人者が江…

  4. 仕事を変えるのに良い月は?ぴったりの適職まで無料で分かる転職占い…

    「今の職場を辞めたいけれど、どうしていいのか分からない」という人は、たくさんいらっしゃるでしょう。転…

  5. 行くだけで運気アップ!生年月日であなたの開運に効果絶大な吉方位が…

    皆さんは「吉方位」というものをご存知でしょうか。分かりやすいところで言えば、神社仏閣のおみくじな…

  6. あなたは何歳のときに出世できる?名前や生年月日で診断する占いが仕…

    自分は果たして出世できるのか、今の職場でこのまま頑張り続けていいものか、ふと不安になる方も多いでしょ…

  7. 【開運術教えます】簡単に出来る開運方法であなたのエネルギーに勢い…

    開運をするのは、何だか凄く難しそうに思えます。しかし、実際は誰でも簡単にできる開運方法があり、そ…

  8. 当たり前といえば当たり前。健康運をアップさせるには食事と運動の習…

    最近体調が悪いから健康運を上げたいと思っている人には、食事と運動の習慣を見直すことをお勧めします。「…

最新占い記事

ピックアップ記事

サイト案内

PAGE TOP