自分や周囲の人の役割を知りながらよりよい関係を築いていけるマヤ暦占いの魅力とは

古代マヤの人たちは、天体観測に優れ、自然と調和した非常に繊細な様々な種類の暦をつかっていたそうです。その中でも、神聖暦(ツォルキン)というものは、宗教的、儀礼的な役割を果たしていた13×20=260日を1サイクルとしたカレンダーです。
マヤ暦占いのサイトでは、この神聖暦(ツォルキン)を利用して、人々の役割や能力を無料で知りながら生活を豊かにすることが出来ます。

自分の役割を知る

マヤ暦占いでは誕生日によりその人のKin番号というものを求めます。
Kinとは「人」や「日」のことを言い、マヤ暦では260日を1年と考え、1日を「Kin1」と呼びます。この番号が魂を表すと考えられているのです。

Kin番号が分かると、あなたの太陽の紋章とウェブスペル、銀河の音というものを知ることが出来ます。
太陽の紋章は顕在意識のことで、ウェブスペルは潜在意識のことです。20種類のエネルギーがそれぞれに当てはまります。
さらに銀河の音と呼ばれる13種類のナンバーにより、あなたに与えられた役割も分かるようです。

これら3つの結果により、自分がどんな役割を担っているのかが大まかに分かります。
顕在意識と潜在意識が全く違うという人は、メリハリがあるということでもありますので、参考になさってください。

周囲の人との相性を調べてみる

マヤ暦占いのサイトでは相性占いをすることも出来ます。
相手がどんな人なのかを調べて、どんな付き合い方がベストなのかがだいたいわかると思います。Kin番号には互いに影響を及ぼす場合もあるのですが、相性占いではそういったことも知ることが出来ます。

生年月日から相手のKin番号と自分との相性を調べる場合は、自分を含めて最大4人までをいっぺんに調べられるので、グループなどの関係もすぐに分かります。
また、全員のKin番号が分かれば、最大10人までをいっぺんに調べられますので、多くの人たちの関係を見ることも出来ます。

占い結果には、より仲良くなるためのヒントが隠されているはずです。
グループ内での人間関係を取り持ったり、何かトラブルがあったときの解決への参考にもなると思いますよ。

認め合い、支え合いましょう

これまで理解できなかった周囲の人の性格や価値観などについて、マヤ暦占いの結果で理解へのヒントを得られることもあるかもしれません。
占いは人と人の関係を深めるものでもあります。占いの結果で周囲の人の新しい顔を知れたのなら、ぜひともお互いに理解し合うきっかけにしていきたいですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【よく当たる】オススメ占いサイト

ピュアリのバナー 誕生日恋愛心霊鑑定不倫星座姓名判断手相

ピュアリは無料で診断できる占いサイトです。誕生日や簡単な質問に答えるだけであなたの悩みも一発解決!

 ウィルのバナー 人間関係運命の人霊視仕事運2017年夢診断オーラ

今話題の当たる占いサイト「 ウィル」であなたの悩みを相談してみてください。解決に導いてくれるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る